海外のように古い家を直すのが、自分たちらしい

子供の小学校入学をきっかけに、自分たちの家を考え始めました。音楽関係の仕事をしていて、マンションだと音が気になるので、戸建てかなと。いろいろ調べていく中で、リノベーションが自分たちにしっくりくるなと思い、物件をWEBなどで探していました。海外だと古い家をずっと直して住むのが当たり前なので、その考え方が自分たちにもあっていました。ただ両親が昔リフォームをした時に、業者に逃げられた過去があり、とても心配していて、信用できる大きな会社でやりなさいと強く言われ。ナチュリエリフォームは、友人がナチュリエとエムプラスで家を買っていたので、信頼できるなと笑。施工例などをみて、自分たちが思い描いているものになりそう、通じそうと思い決めました。

思いっきり自分たちらしく

物件は、実家の近くで探していて発見。無垢床や北欧テイストなど、いろいろ提案してもらって、コーディネートを考えている時はとても楽しかったですね。今まで賃貸だったから手を加えたくても我慢していたので、自分たちの家だから、思いっきり「らしく」したいなと。
キッチンは、クロムクというオープンなものに。カゴに入れてしまえば、使いやすいし、夫婦ふたりでキッチンにたっても広々。水はけの良いワックスも塗っているので、お手入れも簡単です。お庭がないので、リビングの一角をサンルームに。リラックスできるテラスのような空間にしたくて、ハンモックもとりつけました。デンマークなど海外の雰囲気にしたかったので、思い切ったクロスも使って。メリハリのある空間に大満足です。

それぞれの時間を、それぞれの空間で

家を持って1年弱がたち、家の中で音を出してもいいし、在宅ワークもしやすくなりました。家族それぞれの時間を、それぞれの空間で過ごせるようになったかなと。子供は引っ越したことを喜んでいて、コロナが落ち着いたら友達を呼ぶとはりきっています。心配していた両親も「すごいね」と喜んでくれて。これからはキャンプに行ったり、バーベキューしたり、近くの大きな公園で遊んだり。アクティブに過ごしていきたいです。


その他の導入事例を見る